中年女性

認知症は若年層にも増加傾向あり|サプリメントで脳を活性化

冷えとその改善

悩む女の人

特に女性では、冷え症に悩まされているケースが多い。それらの症状を改善するためには、運動やマッサージなどで血行を良くするほか、体内から改善することもできる。最近では冷え症対策のサプリメントも様々販売されている。

View Detail

東洋医学による治療

漢方薬

更年期障害は老若男女問わず起こる症状です。主に閉経前後の女性に多く、卵巣機能などの低下を原因としてホルモンバランスが乱れることで、様々な心身の不調があらわれます。治療法としては、ホルモン補充療法がメインですが、薬が使用できない人は漢方治療がおススメです。漢方は更年期障害の多様な症状を緩和します。

View Detail

女性の悩みの一つです

治療薬

更年期障害は女性ホルモンの減少によって起こる体調の不良です。長期間さまざまな体の不調に悩まされるのが特徴であり、薬などによって症状を緩和することが大切です。自身の症状や体調に合わせた薬の処方が大切であり、信頼のおける医師に相談することをおすすめします。

View Detail

食生活で認知予防

サプリ

食生活で認知予防

認知症は食生活で予防することができます。DHAやEPAなど特定の栄養素を摂取することで脳を刺激します。それが認知症予防に効果があるのです。DHA/EPAは食品やサプリメントから摂取することができます。食品の場合は、青魚や魚介類、アーモンドなどから摂取すると良いでしょう。一日の必要摂取量は、成人で1グラムと言われています。これはマグロの切り身にして5切れほどです。また焼き魚などでも摂取できますが、調理して油が溶け出すと、その分DHA/EPAの量が減ります。またDHA/EPAは摂取量に上限があります。厚生労働省の発表では、一日に3グラム以上摂取することで、下痢や吐き気、鼻血といった症状が出ることがあるとのことです。

セロトニンで認知予防

神経伝達物質である「セロトニン」も、認知症予防に効果があります。セロトニンは必須アミノ酸を原料にして生成され、副交感神経の働きを活発にして、心身にリラックス効果を与えます。同時に脳内を刺激して自律神経のバランスを整えます。セロトニンは主に腸で作られ、残りは血小板と脳で作られます。セロトニンの分泌を促すためには、腸内環境を整えることが大切です。腸内環境を整えるためには、乳酸菌などをサプリメントから摂取すると良いでしょう。またセロトニン生成のために、必須アミノ酸をサプリメントで摂ることもおススメです。必須アミノ酸は体内で合成が十分にできないため、食品かサプリメントで摂る必要がありますが、食品では不足しがちなアミノ酸もあるからです。DHA/EPA、もしくはセロトニンの生成を促すサプリメントを摂取して、認知症を未然に防ぎましょう。

Copyright© 2015 認知症は若年層にも増加傾向あり|サプリメントで脳を活性化All Rights Reserved.