笑顔の女性

認知症は若年層にも増加傾向あり|サプリメントで脳を活性化

東洋医学による治療

漢方薬

ホルモン低下とストレス

更年期障害は、主に4、50代の閉経前後にある女性に起こる様々な心身の不調のことをいいます。女性の閉経前後には卵巣機能が低下して、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が減るのです。それに伴い、脳の中枢神経にある自律神経の働きが乱れることで、自律神経失調の症状に見舞われます。またその時期の女性に起こる社会的ストレスも、自律神経を乱したり、うつ症状を発症させたりする原因となります。その時期に見られる不定愁訴を総合して更年期障害と呼んでいます。更年期障害は男性や若い人にも起こります。男性であれば自律神経失調の症状に加え、男性機能の低下、肥満、骨粗鬆症、認知症の症状が見られることもあります。女性であれば、年齢に関係なく月経不順や卵巣機能の低下が見られることもあります。

東洋医学による治療

更年期障害の治療には、主にホルモン補充療法がありますが、ガンや腫瘍がある人の中には、稀に使用できない人もいます。また肝臓に問題がある人や、血栓症の人、高血圧、子宮筋腫、子宮内膜症などの症状がある人も、使用しない方が良いとも言われています。また更年期障害の原因は多岐にわたるため、ホルモンバランスの低下以外に原因がある場合は、漢方治療などが効果的とも言われます。漢方治療の場合は、副作用の心配がないため、他の病がある人も安心して行うことができます。ただし、漢方はホルモン補充療法のような即効性がないため、改善に数か月の時間がかかる場合もあります。ただし、更年期障害の多様な症状までも緩和させることを考えれば、漢方が最も安全で効果が高いと考えることもできます。

Copyright© 2015 認知症は若年層にも増加傾向あり|サプリメントで脳を活性化All Rights Reserved.